最新情報

**居眠り運転の危険性**


2015年 11月 18日

「運転中につい、うとうとしてしまった」など、居眠り運転でヒヤリとした経験はありませんか?
SAS(睡眠時無呼吸症候群)が近年注目されていますが、このような病気でなくても、日常的に居眠り運転を引き起こす危険性はあります。


★居眠り運転と前日の睡眠時間との関係
・前日の睡眠時間が4時間以下になると、居眠り運転事故の発生率が急上昇する。
2時間以下  …… 39.7%
2~4時間   …… 25.0%
4~6時間   …… 6.0%
6~8時間   …… 1.6%
8~10時間   …… 1.7%

・睡眠不足は事故を引き起こす可能性を高めている。
 睡眠時間が5時間未満のドライバーは、5時間以上のドライバーよりヒヤリハット体験が2.3倍も多い。


★居眠り運転は飲酒運転と似ている。
 居眠り運転では  ①運転がふらつき
          ②走行車線を維持する事が難しい
          ③中央線を越えたり、路外逸脱したりする。
          ④速度のコントロールも難しくなる。
          ⑤反応時間の遅れ。
          ⑥ブレーキの遅れ。
          ⑦危険回避の行動がとれなくなる。
このような運転状態は、飲酒運転とよく似た状態といえます。


★居眠り運転を防止するために、
①pm2時前後、am2時前後は特に眠気が生じる時間帯と言われています。
②眠気を感じたら、休憩・仮眠をとりましょう。
(仮眠は15~30分以内。眠り過ぎは逆に眠気が取れにくい)
③仮眠明けは必ず車外に出て、身体を動かし外の空気を吸いましょう。
(起きてすぐの運転は、目が覚めていない状態なので危険)
④カフェインを摂取できるなら、1杯程度摂取しましょう。
(効果が現れるのは30分後ぐらい)
⑤ガムなどを噛んだり、声を出したりしましょう。
(アゴの運動は脳の覚醒を促します。)


                (東京海上日動のHPより一部抜粋)


前の記事へ 記事一覧 次の記事へ